オーガニックコットンが低刺激の理由

 
オーガニックコットンはコットン(綿)の栽培から加工まで環境に配慮して作られています。
栽培の段階でコットン栽培に欠かせない猛毒の農薬と枯葉剤を使っていません。
製品化になる過程においても環境への負荷が少ない作業をしているために強い薬品を使ってはいません。
通常栽培されているコットンは一般的に使用されている蝋分を取り去るため洗剤や染色しやすくするために使用する脱脂は非常に作用が強くコットンの繊維を痛めつけます。
いためつかられたコットンは触るとごわごわしますので、柔軟材加工をして一時的な軟らかさをかもし出しています。
ほとんどのコットン製品はコットンの繊維を痛めつける強力な薬剤を使用して製品にされているという事です。通常栽培コットンは製品の段階でも猛毒の農薬や枯葉剤の検出がなされると海外のコットン関連機関での調査結果が出ています。
そればかりではなく製品化されるまでのあいだの工程においても強力な薬品を使用しているので、皮膚が弱い方などには知らず知らずのあいだにストレスとなっているためにかぶれなどの症状をおこしている事も考えられています。
オーガニックコットン製品を身につけるようになってから皮膚かぶれが軽くなった、収まったなどの声が聞かれます。お肌への当たりが大変柔らかく一度身につけるとなんだかからだがリラックスしたような気分になるのはなぜなんでしょうか?
自然のもつ力を損なうことなく作られているからオーガニックコットンはお肌への安らぎとそして精神的な安らぎをもたらす素材なのかもしれません。