Q1.アトピーって?アレルギーって?
FAQ検索⇒  

アレルギーの歴史は相当古く古代エジプトの文献や古代

ギリシャ文献にまで記述がさかのぼれるそうです。 「アト

ピー」という言葉はギリシャ語で「不思議なもの・奇妙な」

という意味なります。

「アレルギー」という言葉は1906年ウィーンの小児科医の

ピルケーが提唱した言葉で、免疫反応の異常、 あるいは

過敏な反応のことです。

「いったいどう違うの?」という疑問が沸きますが、おおまか

な意味は一緒です。 厳密な区分けは専門家の間でされて

いるようですが、一般的には混同されて使用されているよう

です (これまでの私の経験によりますと・・・)厳密な意味の

違いは・・・

アレルギー:ある物質に対して普通とは異なった体に有害
         で過敏な反応を示します。

            ex.花粉症、アレル ギー性鼻炎、
              アレルギー性結膜炎、
              食物アレルギーのある人

アトピー   :遺伝的に血液中のIge抗体の値が高くアレルゲン
         皮膚テストは陽性であり、 遺伝や体質が深く関
         係している状態を示します。

             ex.気管支喘息、アトピー性皮膚炎

ということで良いようです。 皮膚がカサカサカになってぼろ

ぼろと皮膚が剥がれてきて血が出てきたり、ジクジクした汁

(リンパ液だそうです)が出てきて痒い状態…

一般的に「アトピー(性皮膚炎)で・・・」という言葉がよく使われ

ますが、その状態の原因 が ある程度わかっている場合は

「アトピーで・・・」という言葉が使えるのですが(いろいろ調べる

とそうでないとい う記述がありました。

どうやっても原因が特定できない時は「湿疹」という言葉が医

学的には正確のようです。 アレルギーがおきてしまうという

原因がわかっている場合その原因から遠ざかるしか手立てが

無いのが現実のようです。 埃やダニ(ハウスダスト)が原因です

といわれれば、毎日はたきをかけない掃除(掃除機や科学布

を使用)をし、布団には防ダニ加工や細かい布団綿やダニの

死骸を通さない特殊加工された布団カバーをかける。 布団を

干したら掃除機をかける、肌に触れるものを綿製品に変えて

まめに洗濯をする。等、日々の努力が必要になります。

そこまでしてようやく症状が軽くなるのか、全くでなくなるのか

それは個人差になりますが、 ここまで行動して「ようやく・・・

避けることができる」なのです。(溜息が出てしまいますか?)

それが「食物アレルギーもある」となると加工食品から日々の

食事への配慮(調味料も含む)が必要なります。

小さいころからその生活ならば馴れているからさほど苦には

ならないと思いますが・・・ かなりの年齢になってからその状態

になってしまった人はその味を知っているが故の誘惑のせいで

なかなか症状が改善できないという方もいらっしゃるかと思いま

す。 全て完璧にこなすということは人間のすることですから無理

なので、手抜きができるところは抜く ということをしなければ日常

の生活に支障が出てしまっては元もこも有りませんし、個人の

できる範囲は 限られていますから、市販の出来合いのものの

全ての成分を知ることができません、 症状が出てしまったその

市販のものは次から買わない、使用しない。 この原則が必要に

なるのではないでしょうか?

原因を究明するときは医師と相談してということになると思いま

す。必要に応じてメーカーや製造元に電話をして聞くということ

をしてくれます。