Q6. アレルギーとの付き合い方
FAQ検索⇒  

アレルギーが起きてしまうより、起きるのを予防するということが重要という

認識が必要になります。 だからといって神経質になると「ストレス」からアレ

ルギーが起きてしまうことがあるので、その点を気をつける必要があります

なんだか小難しく感じてしまわれるでしょうが、さまざまなことを避けること

により過保護な日常も新たなアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあ

るので、日常の生活の中で適当なバランスが必要になってくるのではない

でしょうか?食物アレルギーが有るのならば、その食べ物とのつきあいを

さける、外食やインスタント食品を減らして手作りの食事中心にする。

(独身者はつらいでしょうが・・・ガンバレ)。洋食中心の生活から和食中心へ

とシフトをする等などの食生活の改善が必要になってきます。

和食中心の生活・・・と書きましたが、どうして?と思われる方がいるかと

思います。 アレルギー疾患が増えてきた原因と考えられている事柄として

洋食中心の食生活へと変化してきた事柄がさまざまなものの本にあげら

れています。

今世紀、農産物の生産が家内工業から大規模工業的な生産方法に変化

してきたため農産物の中に含まれているミネラルが減少してしまった。

畜産の分野では抗生物質、ホルモン剤使用による 影響等が考えられて

います。 複雑にさまざまなことが絡み合った結果、今まで遺伝子上問題

が無かった部分が近代科学によって遺伝子上鍵が解かれて今まで起き

なかったと考えられているアレルギーが起きているのではないかといわれ

ています。 「アレルギー」「アトピー」に関して医学的には解明されていない

部分が殆どなのが現実のようです。 「今までの自分の経験がこうだったか

らこれで良いのだ・・・」なんてことは正しいとはいえないと きもあります。

さまざまな症例や経験を診ているアレルギーの専門医師にかかるという

ことも必要ではないかと思います。必要に応じて適切なときに適切な処置

をすることが悪化させないための必要なことだと思いますが いかがですか?