Q9. お付き合いと理解
FAQ検索⇒  

真剣にアトピーについて調べ始めたときとある雑誌で、

「私アトピーがあるので、結婚できない。子供のこともあるし・・・。」

「僕が好きなのはそんな君じゃないさ・・・」

というせりふがありました。 確かにどんな人であろうとも今目の前にいる人

が好きならばその場はそう答える人がいます。その場はそれで良くても実

際の生活となればそうは行かない場合があります。「アトピーがあるから」

という理由で、子供を産んでは行けないという意味に取れる表現もよくない

と私は思っています。(個人的に・・・)

全く自覚症状が無い人や花粉症をアレルギー疾患と思っていない人がい

る以上理解しろというのはその人の器の問題になります。皮膚炎で悩ん

でいる人に対しての差別が現実にあるようです。 私自身配偶者の実家

へアレルギーの話をしてもさっぱりわからないようで、食べることのできな

いものが食卓へ並んで、その時の食事は「白飯」のみで済まさなければ

ならないことがたびたびありました。食べれない食事を強制的に食べさ

せられたり、無理解な人たちの中に入ってしまうと自分の身を守るため

(大げさかもしれませんが、アレルギーを出してしまうとしばらく苦しまな

ければならない のは嫌ですから・・・)の手段が無いというのは心細いこ

とです。配偶者でさえ、「それは食べれないな。食べるなよ」というだけで

フォローは無かったのです。皮膚炎がひどくなてしまって家事さえまま

ならないとき 「薬塗っとけ。汚いな」 と冷たい言葉をいわれたこともあり

ます。

どこまで自分自身を守るか、守ってくれるのか、家族(新しい家族も)と

の対話が必要になってきます。子供にアレルギーがある場合も配偶者

やお互いの実家や友達との対話が理解するといううえではとても大切

ではないでしょうか?