Q19.食生活の基本
FAQ検索⇒  

化学物質があふれんばかりに日常の中にあります。 その中で、古来からある

日本の食文化に沿った食生活は便利になったようでそうでない現在では難しい

ものになりつつあるように思います。(個人的な考えです)

大量生産された味噌、醤油はそれなりに美味しいです。 しかし少量ながら古来

の製法にこだわり作られている食品は 香り、味ともに大量生産品では味わうこと

が出来にくいものです。 難点は、値段が比較的張るものであり、入手が難しくな

っていること。

一ヶ月でもいいです鰹節や昆布からだしを取り調理をしてみて下さい。 そして

味を比べてみて下さい。 旬の素材の味がこんなに甘く味わいのあるもの解る

と思います。



私は市販の出来合いのお弁当を食べるとちょっと 「?」と思う味を感じます。

それはいったい何なのかはわかりませんが その「?」の部分で美味しくない

と思うのです。

抗菌グッツは一世を風靡しましたが、今はそれが当たり前のように店頭に並んで

います。それが皮膚炎を起こす原因となっているのはご存じでしょうか?以外に

便利なようで実は不便なのかもしれません。 まず食べ物を一ヶ月間でもいいです

「基本」から取り組んでみてはいかが? 冷凍庫にその基本の「だし」を保存して

おいて、 または土曜・日曜日に一日かけて作ったものを冷凍する (忙しいですけ

ど)とふだんの生活の中で「本物の味」 を取り入れることが出来ます。



花粉症の方は花粉の季節には布団を外に干さずに布団乾燥機で乾かして 掃除

機でほこりを取る。 ハウスダスト等のアレルギーがある方は布団を干したら掃除

機でほこりを取る。 休みの日にフローリングのところは堅く水を絞った雑巾で拭く。

普段は掃除機をかけるまたは科学雑巾でほこりを取るなどをするだけでも違いま

す。布団も特殊な繊維でおられたカバーを掛ければほこりが出なくなります。

お掃除も楽になることでしょう。

少しだけ「手間」を惜しまなければ以外に快適な生活が出来ると思います。