Q20.有機野菜って?
FAQ検索⇒  

 本当の有機野菜って売っていると思いますか?

一部の宅配システムで「無農薬・有機野菜」を売っていますが、全て(認定された)有機野

菜ではないように思います。一時期購入していましたが・・・スーパーなどで結構「無農薬・

有機野菜」と名乗っていたものがあったので、購入をやめてしまいました。でもいざ「法律」

が施行されるとあっという間に店頭から消えてしまいましたよね。TVなどで「エセ有機野菜

がほとんどだ」といっていたものがやはり本当だったのだということが証明されてしまった

わけです。

「高温多湿」でしたっけ日本の気候は・・・気候の関係でどうしても農薬を使わなければ虫

たちに食べられてしまい人間の口に入りにくくなってしまうので使わざるえないのが現実な

ようです。「家庭菜園」が一番無農薬野菜を作ることが可能・・・とも聞きました。無農薬野

菜はベランダでは可能でしょうが、貸し農園では難しいでしょうね。他の人の作物で使った

農薬や、農薬を避けてやってきた虫たちにやられてしまうことも考えられます。小さいころ

祖父の畑に行っては「やとうむし」を見つけては「えいえい!」と踏みつぶしていたもので

す。農薬をあまり使わなかったためどうしても虫を見つけては殺生をしてということをしてい

ました。「いちいちそんなことしてられない」というならば無農薬(減農薬)野菜は食べられま

せん。見栄えを気にしていては美味しい野菜を食べることが出来ないのです。化学肥料を

使うと確かに最初のうちは大きく成長してたくさん収穫できます。でも2年もすれば土は硬く

閉まりペンペン草も生えにくくなってしまいミミズの姿がすくなくってきます。有機肥料つま

り鶏糞や牛糞を使った肥料を「臭いから」「近所迷惑になるから」という理由で使われにくく

なっています。それらを使ったものとそうでないものの土の表情はそれだけ違ってくるので

す。畑仕事をなさったことのある人なさっている人はこのようなことをご存じです。雑草が元

気よくはえる「土」はとても健康で「野菜」にとっても「うれしい土」なのです。「虫たちにとって

美味しい野菜」こそが「身体に害が少ない野菜」だと思います。アメリカで生産されている

遺伝子組み替え作物で、「トウモロコシ」が有名ですが、「組み替えされたトウモロコシ」と

「そうでないトウモロコシ」の使用方法が決まっていたそうです(これは知りませんでした)

「組み替えされたトウモロコシは」主に飼料に限定されていたのですが、その「トウモロコ

シ」が人間の口に入る「そうでないトウモロコシ」の中に混ざっていた事実が発覚したら「生

産中止」になりそのものを開発した会社に国からの処分を下されたという記事を読み「やは

り虫にとって有害なものは人間にとって有害だということが最初からわかっていたんだろう

な・・・」という感想を持ちました。私の小さいころの八百屋さんの店頭には春キャベツのシ

ーズンであれば並んでいるキャベツにモンシロチョウのようちゅうがいました。買ってすぐに

でも食べないと翌朝、よくよく朝には大きな穴があいていたものです。昔は「減農薬・有機

野菜」はごくごく当たり前のように八百屋さんの店頭に並んでいたのだと思います。

 虫などほとんどいないスーパーでの買い物中心の生活が「虫がいない・見栄えのいい」

野菜を招いたのでしょう。

 ヨーロッパのスーパーの野菜の売り方と日本のスーパーの野菜の売り方との違いには

驚かされた記憶があります。

 私が「なるほど理にかなっている」と思った売場はどこだったのでしょうか?

        それはヨーロッパのスーパーです。

これから旅行に行かれる予定のある方、少しの時間でいいです、スーパーや日用品売場

に立ち寄ってみてはどうですか?

なんだか乱筆気味の文章でごめんなさい。「有機・無農薬野菜」を専門に作っている人に

は幼稚な文章かもしれません。一度、感想をうかがいたいです。