Q22花粉症・ハウスダストとのおつきあい方法
FAQ検索⇒  

 2月からから「ヒノキ」の花粉が飛散はじめます。花粉症もれっきとしたアレルギー疾患で

す。秋から冬場にかけて乾燥します。風邪などをひくと鼻の粘膜があれます。花粉がそこ

に「アターック」すると炎症が非常におきやすい状態ですからいきなり症状が出ます。秋・

冬場での鼻と喉の粘膜を荒さないことが「症状の軽減」の第一歩です一度炎症がおきてし

まったら、症状が収まるまで「カレー」なのどの香辛料の料理は食べない方がいいですよ。

花粉・ハウスダストなど静電気でくっつきやすいものなのでウールなどのセーターを着る

のを避けた方がいいです。花粉の時は家にはいる前にはたいて家の中に持ち込まないよ

うにする必要があります。

対 策

1.肌を守る。乾燥と日焼けは大敵です、日頃からスキンケアーをしましょう。

2.ウールなどのセーターは出来るだけ着用しない。出来るだけ木綿製のものを身につけ

  る。静電気もお肌に刺激を与えることを考えると木綿製の衣服を着た方がいいでしょう。

3.めがねや帽子・マスクを身につける

4.外で干した洗濯物は取り込む前にしっかりとはたく

5.布団などは出来るだけ外で干さない。布団乾燥機を使用する。こまめに布団に掃除機

  をかけましょう。掃除機の内部の掃除も忘れずに

6.夜寝ている間に空気清浄機をかけましょう。

7.こまめに掃除をしましょう。化学雑巾などを上手く活用しましょう。

8.外出先から家にはいるときしっかりと花粉などを落としてから入りましょう。

9.症状が出てしまったら「うがい」や「洗顔」をしましょう。鼻うがいも有効です。

  でも鼻が少々痛いですが・・・

ご存じの方も多いかと思いますが、ハウスダストなどのアレルギーの人にも有効です。

症状が出ているときは「刺激」のある食材はやめましょうね。私自身も出ているときは「カレ

ー」を断食しています。

2月から6月頃 ヒノキ ハンノキ シラカバ

2月から4月頃 スギ

5月から8月頃 カモガヤなどのイネ科の植物

8月から11月頃 ブタクサ ヨモギ キク科の植物