Q24.オーガニックコットンは?
FAQ検索⇒  
 

オーガニックコットンは3年間以上有機無農薬栽培農場で栽培されたコットンです。


オーガニックコットンの種類は原種の茶綿・改良種・グリーンコットンの3種類です。

有機栽培転換中のものもあります。

ジャングルで発見
された綿の原種

品種改良中のコットン

遺伝子組み替え技術を使わずに
様々な色がでるよう交配されワイ
ンレッド等の色が開発されています。

 収穫時に機械で収穫する場合は枯葉剤を散布して収穫しますが、オーガニックコットンは

枯葉剤を使用せず手摘みで収穫します。

農薬・枯葉剤の消費の多くはコットン畑といわれているくらいなのです。

 主に環境保護の意味でオーガニックコットンは生産されていますが、とても手間がかかり、

全世界の流通量の0.4%しか生産されていません。
  
オーガニックコットンの栽培が増えるということ

それは貧しい地域の人たちへの確実な現金化作物であるということ。

麻薬の生産を減らすことが出来ること。

土壌汚染を防ぐことが出来ます。私たちが出来る小さな行動で大きく変化する

可能性を秘めています。
 

大変貴重なコットンです。