Q26.オーガニックコットンの栽培状況
FAQ検索⇒  


コットンは虫が付きやすい植物です。虫とつきにくくするためには大量の農薬を

必要とします。

そして土の栄養分をたくさん必要とする植物です。その為大量の化学肥料を

使用します。

コットンの収穫時に大型機械で収穫するのと品質の低下を防ぐために収穫前に

枯葉剤を飛行機でまきます。農薬と枯葉剤の多くははコットン畑で消費するとい

われているくらい大量に使用されています。 

大量に使用することは生産者の健康も良くはありません。栽培の現場で幼い命

が犠牲にもなっています。

 通常の栽培方法で栽培されたコットンでも極力石油系化学物質を使用せずに

製品化したものもあります。しかし、全世界の生産量の中ではオーガニックコット

ンや生産の過程で配慮されたコットンはごく一部でしかありません。

 コットンは大変虫に弱く、虫がつきにくいコットンはないため益虫(てんとう虫等)

を飼育して、大量にコットン畑に放流します。その他にも虫を集める夜間灯を設

置したり、コットンにつく虫はトウモロコシも大好きなのでコットン畑のまわりにト

ウモロコシを植えたりと農薬を使わないようにする工夫と手間をかけながら栽培

されています。 収穫にあたっては品質を落とさないようにひとつひとつ人の手に

よって収穫されています。 大切に大切に・・・・育てられています。